虹色パワー

 あれは二十数年前、姉が2歳の長男を連れて里帰り出産に来ていたときのこと。私は、仕事が休みの日には、甥っ子と一緒に歌をうたったり、手をつないで散歩をしたり、「にわかおかあさん」を楽しませてもらっていた。

 幼児の歩幅に合わせて歩くことはとても新鮮だった。道で誰かに会うごとに「こんにちは」を言う甥っ子、それにならって、もぞもぞとあいさつする私。道ばたに咲く花、落ちている葉っぱを手に取っては裏から表とじっくりと眺め、興味津々に「これなあに?」と聞いてくる。そんなひとときは、おとなになってすっかり鈍ってしまった「純」な気持ちを思い出させてもらっている感じがした。

 そんな甥っ子は、手をつないで商店街を歩く時、万代にそびえるレインボータワーが目にとまるたび「あれなあに?」とかわいらしく指さしをし、聞いてきた。

 「あれはねレインボータワーだよ」と答えると、彼はにっこりと「れんぼうぱわぁ?」と、こくびをかしげて聞き返してきた。くりかえし、何度も。

 その仕草がかわいらしくて、いたずらな私は「うん、そうだよ、レインボーパワーだよ」と返し、「れんぼうぱわぁ」と、満足そうな甥っ子と笑いあった。

 その後、何年かして私も母となった。子どもはかわいい、大好きだと思う気持ちは確かだけれど、「子育て」は楽しいことばかりではないとしみじみ感じる。泣きやまぬ子に手を焼いた乳児期、だだこねに気持ちがすり減った幼児期、ややこしさいっぱいの思春期…。

 ゆらゆらと揺れたり、すり減った気分のときは、あの時の甥っ子の「これなあに?」「あれなあに?」を思い出す。可愛い指さしと笑顔、つないだ手のみずみずしい感触と温かさ。そして「子どもっていいなあ」と浸っていた、あの頃の私。

 ほのぼのとした思い出は、いつしか虹のように重なり、こころの霧を取り払ってくれる。虹色のパワーで充電!

 おとなになるっていろいろとあるものだね…と思いつつ。


最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

Copyright (c) 2016 Coaching Room 真珠. All Rights Reserved.